Menu
Home
Home
Sitemap
Sitemap
en
English

Table of Contents

授業URLの通知の仕方 — 2020 Aセメスター版

教員編

推奨方法: ITC-LMSの授業ごとのトップページに新設の「オンライン授業情報」欄に記入する(手順動画)

全ての先生に上記を推奨・お願いします. すべての先生がこうすることにより以下を目指しています. ぜひご協力をお願いします.

  1. 学生は, ITC-LMSだけで授業URLの入手が完結する
  2. (10月末に完成予定の機能) 学生は, 自分が登録している授業の「オンライン授業情報」を一つのページで一覧できるようになる (参考: 学生が求める機能に関する記事)

そしてUTASの「オンライン授業URL」欄 や「オンライン授業内容」欄には, ITC-LMS上のその授業のトップページへの「ダイレクトリンク」を記載することを推奨します. UTASを探しに来た学生へ案内のためです. 上記の手順動画にも収録しています.

またURLをどこに書く場合も, 授業URLを回ごとに変えること, ターム(セメスタ)中に何度も変更することは, 学生が変更に追随する手間や, 追随しそこねる危険を増やすことになるため推奨しません(先生ごとに書く場所が違っていたとしても, 最低限URLが毎回変更されないのであれば, 各自が自分用のURL一覧などを作成することで授業参加時の手間が軽減されます).

その他の方法(**非推奨**)

学生編 / For Students

教員に対する推奨が上記のようになっていることを踏まえ, 以下により授業URLを入手してください

  1. (10月末完成を目指し実装中)

    ITC-LMSで, 自分が登録している授業の「オンライン授業情報」が一覧できるページを見る(完成以降はここだけですべての授業のURLが入手可能になるのが理想)

  2. UTAS Lite 2: 東京大学オンライン講義検索システム2020 Aセメスタ版を見る. 下記3, 4に表示される情報が閲覧・検索できます. 特に, UTASやITC-LMSの反応が遅くなったときに見ると良いです. 使うにはECCSクラウドメールのアカウント(xxxx@g.ecc.u-tokyo.ac.jp)が必要.ITC-LMSの「オンライン授業情報」, UTASの「オンライン授業URL」, UTASの「オンライン授業内容」の欄を定期的に反映しているため, 少し古い情報かも知れないことに注意
    • UTASのUTASの「オンライン授業URL」, UTASの「オンライン授業内容」は1時間おき(毎時50分ごろの記載内容を翌00分ごろに)にUTAS Lite 2に反映予定
    • ITC-LMSの「オンライン授業情報」の反映のタイミングは決まり次第ここでお知らせします
  3. (上記1.が完成するまでは) ITC-LMSの各授業のトップページにある, 「オンライン授業情報」欄を見る(ある授業の例) 以下は教員に推奨していないが使われるかも知れないので知っておく
  4. UTASの授業シラバス -> 「詳細情報」 -> 「オンライン授業URL」または「オンライン授業内容」を見る (見る手順). (2.に表示されるはずなのでほぼ見る必要はないはず)
  5. UTASの授業シラバス -> 「詳細情報」 -> 上記以外の欄(「備考」など) を見る. 教員には推奨していないがそれでもここに書いている授業もあるかもしれないため一応知っておく.
  6. ITC-LMS上で各授業の「お知らせ」欄を見る. 「設定 (Settings)」->「お知らせ通知」でメールやラインでのお知らせ受取りを設定 (手順) すれば, メールやラインで届くようになる. 2020 Sセメスタでは多用されていたと思われる. ここにはオンライン授業のURL以外の情報も飛んでくるので, お知らせ通知の設定はいずれにせよ推奨されます.
    • お知らせを受け取るためにはITC-LMS上で, 受け取りたい講義に受講登録 (「コース検索」 -> 「受講登録」)しておく. それによりその授業関連の情報を読み, 受け取れるようになる. UTASで履修登録していればITC-LMSには自動的に受講登録される. UTASで履修登録されていなくてもITC-LMSで自己登録できる授業もある(その場合の手順)

ルールは所属の専攻や学科により違うかも知れないので必ず専攻・学科の指示も読み, 従う. そして最終的には各授業の方法に従う(先生にITC-LMSの「オンライン授業情報」を使ってほしかったら, このページでそれが推奨されている, と教えてあげてください)

これら手順はすべて, 新入生・在学生のための, 授業を受けるための準備 (2020 Aセメスター版)に説明している.

講義へのアクセス制限についての一般論

ちょうどよいアクセス制限は非常に難しい問題.

その他の注意