Menu
Home
Home
Sitemap
Sitemap
en
English

Table of Contents

はじめに

2020 Aセメスターが始まります. 東京大学では,2020年度のSセメスターにオンライン授業を本格導入することとなりました. Sセメスターの授業を通じ, 学生からも教員からも, オンライン授業には利点が多くあり, 決して活動自粛期間だけの形態ではないとの声が聞かれています. 一方で多くのみなさんがキャンパスに行けないことや, 新しい友達と出会えないことの苦しみを体験することになりました. この問題は大学全体で認識されており, 2020 Aセメスターでは多くの学科で実験やゼミなどを中心として一部授業の一部対面(ハイブリッド, ハイフレックス)化を進めています[東京大学のCOVID-19感染防止と教育の両立に向けた試み].

しかしながら現在の状況で無制限に対面授業を行うことはできません. 大学生は高校生, 中学生などと比べると, キャンパス外の活動範囲も広く, キャンパス内での行動のパターンも非常に多様で多くの人と混じり合う生活をしています. 飲食店のように一人の人が一つの席で小1時間滞在してそのまま退室するわけではないので, 感染対策と言ってもひとりひとりの行動にずっと目を光らせるようなことは, 難しいのです. 大学生の感染については授業外での活動での感染が多いとも言われています(もっとも対面授業の数自体が少なければ当たり前かもしれませんが) [cf. 東北大学の調査 スライド13].

大学における感染対策は教室内で距離を取ると言った(比較的やりやすい)ことだけでは不十分で, それ以外の時間を含めて大学全体の環境をいかに整備し, 大学全体の人数を管理して人々の行動を誘導出来るかと言ったことにかかってきます. また現在は, 大学に来たくても同居している家族の事情や一人暮らし用アパートを引き払っているなどの事情で, 大学に来難い人もいます. 似たような事情が教員の側にある場合もあります. 従って現在の状況では, 非常に多様な要求を満たす授業形態を設計する必要があります. このような制約の中, 大学は「どこをどのくらい対面にしても大丈夫か」という複雑なパズルを解いている, ということを学生の皆さんにはご理解いただきたいと思います(決して世間で一部言われているような, 「感染者を出して世間から叩かれたくない」などという低次元の理由ではないということを理解していただきたいと思います).

もとよりSセメスターでのオンライン授業に対する反応からは, すべての授業を対面で行うことが大学の目指す終着地点ではないことも明らかです. オンライン授業のいい所(通学が不要, キャンパスをまたがった履修, 講義資料や録画のデジタル化, 黒板よりも見やすく大教室よりも聞きやすいなど), 対面が必須なところ, そして何よりも大切な, 人と人とが巡り合う場としてのキャンパスを両立させていくことが目標となります.

Aセメスターにおける対面授業の割合や形態は学科ごとに様々ですが, このページでは, およそどんな形態の場合でも必要になる教育ICTシステム, (自宅あるいはキャンパスから)授業にオンライン参加する場合の基本について説明します.

2020 Sセメスター用のページでは, そもそもオンライン授業とは何かと言うようなことから説明していますので初めての人はご覧ください.

本ポータル編集に参画する教職員・学生有志一同

学生の皆さんにしておいてもらいたい準備

授業を受けるための準備は大きく言って二つです

注:

東京大学で使われている, 教育のためのICTシステム

全体像は下図のようになっています.

image/svg+xml UTokyoAccount : 個人に付与される大学アカウント(数字10桁) UTAS シラバス登録履修登録 成績 登録 ITC- LMS レポート回収出席管理 お知らせ 教材 配布 WebEx Web会議 要有効化 Microsoft365 ファイル共有文書 アンケート Web 会議 要有効化(Office 365ProPlus利用許諾) G Suite (Google) ファイル共有文書 アンケート Web 会議 要有効化(ECCSクラウドメール) Zoom Web会議 要有効化 10桁@utac.u-tokyo.ac.jp 文字列@g.ecc.u-tokyo.ac.jp 10桁 10桁 10桁@g.ecc.u-tokyo.ac.jp 10桁@g.ecc.u-tokyo.ac.jp 要有効化(初期パスワード設定)

以下で各システムで必要な作業について簡単に説明します. 以下の作業中, このページに書かれている通りにならないなど, 問題を見つけた場合は, まずはこのページにも現れているチャットサポートをお試しください(チャットサポートで解決しない場合はサポートチームに連絡できます).

  1. UTokyo Account: 他のサービスすべてのもととなるアカウントになります. 在学生であれば, これを使ったことがないという人はいないはずです.
    • 新入生には入学に伴って事務から配布されます. どのように配布されるかは専攻や学科によって異なります. これまでは入学して最初の登校日に紙で配布されていることが多かったとおもいますが, 登校が困難なことと, 授業のために以下のシステムを使う準備時間が必要なため, 登校初日に先立って郵送もしくは電子配布されることが多いと思われます. 不安であれば入学予定の専攻や学科にお問い合わせください.
    • 作業: まだ一度も使ったことがない人は初期パスワードを変更してください. 手順動画
  2. UTAS (学務システム): 授業の内容(シラバス)を参照して受ける授業を選び, 履修の登録をしたり, 成績を見たりするのに使うシステムです.
    • 作業(サインイン): UTokyo AccountでUTASにサインインし, 「現住所等変更入力」から, あなたに確実に届くメールアドレスを「E-MAIL 1」に登録して下さい (手順動画作成中). 在学生でやった覚えのない人も, ある人も, この機会に確認して下さい.
  3. ITC-LMS (学習管理システム): 自分が履修した講義に関して, 課題が掲示されたり, 課題を提出したり, などの用途に使います. オンライン授業に関する情報も, このシステムを経由して得ることになるでしょう. また, 講義資料がここにアップされたり, ここで出欠管理をする場合もあります. UTASと似ていて紛らわしいですが, UTASは授業が始まる前(履修登録)と後(成績確認), ITC-LMSは授業期間中に使うと, 大雑把には思っていてください. 授業期間が始まった後, 授業に関するお知らせがITC-LMSを経由して流れてくることが多くなります.
    • 作業(サインイン): UTokyo AccountでITC-LMSにサインインしてください.
    • 作業: ITC-LMS 学生向けページの指示に従い, お知らせの通知先を設定して下さい(手順動画).
  4. Microsoft 365: Microsoftのサービスです. レポートやプレゼンテーションの作成など, いろいろなことに使えます.
    • 作業(有効化): UTokyo Account利用者メニュー から「Office 365 ProPlus利用許諾」に合意し, Microsoft 365の有効化をして下さい (手順動画).
    • このあと実際にExcelなどのアプリケーションが使えるようになるまで, 日中は最大3時間, 夜は翌朝11:00までお待ちください(正確には, 11:00, 14:00, 17:00, 20:00にこれまでの利用許諾が反映されます).
    • 作業(サインイン): 待ったらwww.office.com にサインインしてください. UTokyo Accountがあればサインインできるのですが, UTokyo Accountのサインイン画面の前にMicrosoftのSign-InでEmail, Phone, or Skypeと聞かれたら xxx@utac.u-tokyo.ac.jp と入れてください(そうするとUTokyo Accountのサインインページにたどり着きます). xxxの部分は何でも良いです (手順 パソコン, スマホ). もしすでに別の(例えば普段自分が使っている)アカウントでサインインしていたら, 一度サインアウトしてから大学のアカウントでサインインします(手順 パソコン, スマホ).
    • 練習: できたらExcelのBookを一つ作ってみましょう(手順動画)
  5. G Suite for Education (Google): Googleのサービスです. メール(Gmail), カレンダーの他, レポートやプレゼンテーションの作成など, いろいろなことに使えます. また, 一部のオンライン授業は入室をするのにここで設定するメールアドレスでWeb会議 (Zoom)にサインインをしないと参加できません.
    • 作業(有効化): UTokyo Account利用者メニュー の「ECCSクラウドメール」からアカウント名, 「ECCSクラウドメール(パスワード変更)」からパスワードを設定して, G Suite for Educationを有効化して下さい (手順動画).
    • このあと実際にG Suite for Education が使える(Googleにサインインできる)ようになるまで, 最大1時間ほどお待ち下さい.
    • 作業(サインイン): 最大1時間待ったら, Googleにサインインして見て下さい.
  6. Zoom: Web会議システムです. 多くのオンライン授業がZoomを使って行われるでしょう.
  7. WebEx: Web会議システムです. 授業で使われるようであれば前もって取得してください.
  8. UTokyo Wifi は東京大学のキャンパス内無線LANです. キャンパスでネットに繋ぐ時, とくにキャンパスでオンライン授業を受ける際に必要になることがおいでしょう.
    • UTokyo Wifiのページを読む
    • 作業(家での準備): キャンパスに来る前に以下の手順でUTokyo Wifiのパスワード取得, 設定のメモをしておいてください
    • UTASへメールアドレス登録を済ませたか確認してください
    • UTokyo Wifiのパスワードを発行するページに行き, “Application” ボタンを押すと, 登録されたメールアドレスにパスワードが届きますのでそれを受け取ってメモ(または印刷)してキャンパスに持参 (動画)
    • 設定はUTokyo Wifiのページに説明があるのでそれに従います. このページをスマホにブックマークしておくか, 設定内容を印刷してキャンパスに来ることを推奨
    • 作業(実際のWifi設定): キャンパスでUTokyo Wifiの電波が飛んでいる所(多くの教室で飛んでいます)へ行き, 上記の設定とパスワードでPCやスマホを接続します
    • 駒場キャンパスの7号館 721, 13号館 1321で接続サポートをしています(月〜金 10:25‒16:40). 接続に困ったら訪問してください.
    • 注: UTokyo Wifiにつながらない場合にモバイルWifiルータやテザリングを大勢が使うと電波が干渉して全員が損をするという状態になります. 自分で電波を出さず, 極力皆がUTokyo Wifiを使いましょう

注意: MicrosoftもGoogleも, すでに自分で使っているという人も多いとおもいます. そういう人も必要に応じて大学のアカウントで使えるようにしてください. 自分のアカウントと大学のアカウントを切り替える方法(上記の手順動画: Microsoft, Google) をマスターしましょう. オンライン講義をするに当たって, 重要な情報を, 大学のメンバーだけで共有するという場面が多くなると想定され, そういう場合, 普段使っていたGoogleやMicrosoftのアカウントでサインインしている状態では見られない, ということになり得るのです.

なお, 「ECCS クラウドメール」は東京大学におけるG Suite for Educationの名称です.

オンライン授業(Web会議)につなげるかのチェック

Microsoft 365が使えるかのチェック

UTokyo AccountのID (10桁の数字)@utac.u-tokyo.ac.jp

と記入して先へ進んで下さい. UTokyo AccountのIDは10桁の数字です. 次にUTokyo AccountのIDとパスワードを入力する画面が出てきたら, 自分で設定したUTokyo AccountのIDとパスワードを入力して下さい(手順動画). そしてやり直してください.

G Suite for Educationが使えるかのチェック

なにかおかしい, 接続できない場合は